FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.10.23 (Tue) 23:31

とか さわりを書く

とかです。
2007年10月21日の記事に「冬目 景氏の『羊のうた』っぽいはなし」 と書きましたが、書いたそばから不安になり、もう1度読み返す。

結論
設定、展開はともかく、空気、雰囲気について、かすりもしていないことが判明。
というか、かの冬目作品を、例えにするなど分不相応。

ブログをご覧になった方、まことにすいません。
(ジャンルは 『崩壊系 兄妹恋愛 ホラー』 であってる様な気はします。)

では、どんな作品なのか、そのさわりを書きます。
「これは、倉本かなこ のはなし。
 かなこには、両親がいません。その上、原因不明の頭痛で学校にも行けません。
 ですが、かなこは、それほど不幸とは思っていませんでした。
 かなこには、たった一人、お兄さんがいたからです。
 堅物で、言い方もつっけんどんで、でも、本当に困ったとき、すごく優しい。
 かなこは、そんなお兄さんが大好きでした。

 そんな、ある日の朝
 チャイムが鳴り、ドアホンにでると
 「おはようございます。柚木と申します」
 知らない女性の声
 「棗さんはいらっしゃいますか」
 かなこの知らないヒトは、お兄さんの名前を言いました。
 兄は、それに気づくと
 「いってくる」
 とだけ言い、慌てたように玄関に向かいました。

 玄関の閉まる音で、われに返る。
 どんなひとなんだろう。
 兄とはどんな関係なんだろう。
 そのとき、ふいに、甘い香りがした。
 あのひと、柚木というヒトの残り香・・・だろうか。
 
 夢をみる。
 真っ暗なとこ
 薄ぼんやりとした意識の中
 ひとり、ぽつんと
 ただ、立っていることに気づく。
 
 ここはどこだ?
 
 『ザァァァァァーーーーー』

 視界が悪い。 
 
 『ザァァァァァーーーーー』

 足元がヌルヌルとして、きもちが悪い

 『ザァァァァァーーーーー』

 匂い?

 『ザァァァァァーーーーー』

 甘い匂い・・・が」


と、こんな感じです。
・・・てか、これじゃあ展開どころか、作品の雰囲気すらわからないですね。
はやく体験版つくらないと。

そんなこんなでゆっくりと、進行中です。
完成は・・・来年の夏・・・頃・・・?

あ、載せる絵がない。
 |  製作日記(文関係)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。